どうやって借りればいいの?貸切バスの借り方とは

貸し切りバスのタイプと主要な特徴

一括りにして貸切バスと言えども種類、あるいは借り方にも幾つもの車種並びに方法があります。 貸し切りバスの中においても一番大きい種類が大型バスです。高速を踏まえての車種区分に関しては特大車に属する車の種類で座席においては45席あり、大人数の移動に相応しいです。荷物に関してもトランクルームが下部分にあります。したがって、部活といった合宿などでも活用することが出来るタイプの車種になります。 また中型バスという種類があります。中型バスと言えども、高速においての車種区分に関しては大型に属する車種と言えますし、定員が21名から27名までの場合に利用できます。 小型バス及びマイクロバスは、高速に於いての車種区分が中型で、20名くらいのトラベルなどに最適です。また、小型バスは生産終了しているため、それほど貸し出しをしている専門業者が減っています。 一番最後にミニバスがあり13名までの運行に機能的な車種です。

貸し切りバスの目的にあった借り方及び要点

貸し切りバスを選択する場合に一番初めに考えなくてはならないことが乗車人数です。大型バスでも、定員につきましては45名です。そして補助席の活用で55名までになっていますので、人数に合わせ大型バスと、もう1台下準備する方が望ましいかの判断に思い悩む部分でもあります。 さらに気に留めなくてはいけないのが、高速を有効に活用する時の料金といえます。とりわけ中型バスに於きましては参加人数にも影響されますが、原則として定員が30名オーバーの場合は、高速に於いての区分が特大になりますので、中型バスは補助席をセッティングしない種類の物を採用するのもひとつのやり方になります。そうした場合に留意が必要になるのが、6列シートであれば25席、5列シートは20席数になるので、乗車数を加味した上で状況次第の車種を選択する事が重要になります。

大型バスは学校の団体旅行、町内会の慰安旅行など、大人数が一緒に旅行に出かけるときに利用されています。